読解力

2017年11月27日 (月)

進化する「ことばの学校」

「ことばの学校」本部は春と秋の年2回、導入塾対象の勉強会を開きます。

昨日が今秋のそれでした。

秋葉原で午後2時から3時間強。

配られたレジュメの項目は分刻みでぎっしりです。

スタッフの皆さんの国語教育への熱い思いや、導入塾への「共に」という連帯意識が伝わります。

「ここだけの話」も飛び出して、いやはや、進化どころか、脱皮をするのではとワクワクしました。

何とマレーシアの日本人向け学習塾の方も馳せ参じておられました。

現地で「ことばの学校」を展開されて、大層な需要があるとのこと。

名刺交換をさせて頂いた方々は、新潟と千葉から。

心を開いて情報交換をすることができました。

久方ぶりの都心でしたが、良い刺激を頂きました。

人と交流するって大事なことですね。

2017年6月 4日 (日)

「論理=他者意識から」

日曜日の池袋。

大勢の人が行き交う中で、私の心は満たされていました。

終了したばかりの出口汪先生の講演に共感し、アゴラの国語指導に僥倖を見たからです。

センター試験の廃止により中学・高校の入試に変化が生じています。

学習指導要領に明示されている新時代の教育改革。

それらに通用する真の言語力・論理力を育むためにアゴラができることは何か?

ぎっしりと書き連ねたメモを整理して、現場に具現化したいと思います。

「聞く力、読む力、伝える力を伸ばします」と掲げた看板に偽りなしです。