« 2020年10月 | トップページ

2020年11月

2020年11月17日 (火)

秋の一夜

アインシュタイン、うるとらブギーズ、おいでやす小田、タカアンドトシ、ガンバレルーヤ、プラスマイナス、レイザーラモン、中川家。

つい先日、相模原市民会館で開催されたお笑いライブの登壇メンバーです。

コロナ禍、両隣を空席とする定員の50%、大声は自粛して拍手のみ。

出演者もお客さんも何かしら憚る空気が漂う中、

「ここはひとつ、楽しくいきましょう」と切り替えるも不完全燃焼感は拭えません。

いやいや、「だからこそ足を運んだのではないか」?ーーー

「我々芸人も、こうした機会が持ててありがたい限りです。」などエールの交換をしながら、

何だかんだ、テレビで見るネタと同じだなァとか、

舞台には人柄がでるなァとか、

きょうは、年配者が多かったなァなどと浅い感想を持ちながら家路に着いたのでした。

今年はずっと内向きの生活スタイルを余儀なくされたのですもの、

以前のようにはいきませんよね。

 

 

 

2020年11月 8日 (日)

言葉には出ないけれど

かつてアゴラの塾生として通ってくれたSくんと5年ぶりに再会しました。

社会科が振るわず、勉強の仕方が分からないと保護者と共に面談に来てくれたのです。

今や中学2年生となった彼は、よく見る「ふつー」の男子でした。

成績は「中の下」、部活に励み、ゲームに執心とのこと。

進路も気になるけれども日常の生活リズムを変えるほどの動機付けにはなっていません。

対話をしていて気になりました。

彼は考えて言葉を探しているようなのですが、

傍にいらっしゃる保護者が「何にも言わないんですよ」と割って入られるのです。

「待つ」という沈黙の時間が保証されず、本人も妥協してヨシとしています。

これでは、言語力も思考力も表現力も育ちません。

「教育にとって一番大切なことは『よく聞くこと』である。」特に

「心の声を聴くことである」と教わりました。

「心の声を聴く」とはどういうことでしょうか。

目の前の子どもの態度や言動がどうあれ、

否定しないこと、信じて寄り添い、徹して傾聴することではないでしょうか。

誰しも心の奥では認められたいと思っているはずです。

「あなたはありのままで満点だよ」

そう言ってSくんを受け入れ信じ抜く私になりたいと決意した面談でした。

 

 

2020年11月 1日 (日)

お月さまの願い

昨夜は満月でした。

我が家の窓からは探しても見えず、冷気の中、外に出ました。

それもそのはず、天空に、そう、首を背中にたたむようにして見える位置に

それは清けく輝いていました。

もう11月。早いもので2021年に手が届くほどになりました。

今年の2月、受験生を送り出したかと思うや、パンデミックの到来で未経験の世界へ引きずり込まれました。

それでも春期講習までは前が見えていたように思います。

その後がいけません。

緊急事態宣言の中、どうなるのだろう、何ができるのだろうの不安のトンネルに入ってしまいました。

4月、通常授業をストップしました。

゛STAY HOME ”で塾生たちと会うこともありません。

楽観主義が旗印の私はどこへやら。人知れず、実はズーンとコタエテイマシタ。

しかし、「拾う神有り」というべきか、ZOOMで情報交換の機会がありました。

しかも1箇所だけではなく数ヶ所なのです。

全国の小中塾のネットワークが俄然機能して、励ましと知恵の世界が現出したのでした。

そちらはどうですか?うちではこんなことを始めましたよ・・・。

5月、講師のメンバーやご父母の協力を得てオンライン授業に踏み切りました。

6月、分散登校のスタートと共に対面授業を復活させました。

「倍返し」の夏期講習も乗り越え秋を迎えました。

思い返すと何とか進んできました。

あと100日。追い込みをかけている来年の受験生に掛けたい言葉があります。

あの暗闇を抜けて来たのだもの。大丈夫。

強気で進もう!と。

地上の喧騒を見下ろしながら、お月さまは変わらず輝いています。

 

 

 

« 2020年10月 | トップページ