« 「倍返し夏学習」 | トップページ | 突然の攻防戦 »

2020年6月17日 (水)

「倍返し夏学習」その2

先週から連日のように予定を組み込んだ父母面談をきょうで終えました。

ホッとしながらも、「正念場はこれからだ!」と次のステップを見据えています。

それは、「倍返し夏学習」のメインイヴェント、夏期講習が待っているからです。

今年はコロナ禍のハンディを打ち返すために、

7月の4連休の3日間を「パート1」、8月の夏休み期間を「パート2」として二段構えとしました。

問題は、その内容です。

特に「パート1」。「日帰り合宿」と銘打ち、朝から晩まで9時間の長丁場を提案しました。

3時間ごとのブロックに分けましたので、何ブロック申し込むかは、自由ですが、

どのようにしたら意欲と持続力を保った学習が成立するかと頭を悩ましています。

多分、受験生は目いっぱいのチャレンジをするものと思います。

何せ、決勝点は半年後ですから。

また、面談の中での親御さんの反応も「待ってました」と乗り気のご様子だったからです。

ご家庭にも背を押されて子どもたちが集まります。

「しんどかったけど参加してよかったぁ」といかに満足感を得てもらうか、

若いスタッフの知恵を借りて準備中です。

 

 

 

 

« 「倍返し夏学習」 | トップページ | 突然の攻防戦 »

アゴラで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「倍返し夏学習」 | トップページ | 突然の攻防戦 »