« M くんの葛藤 | トップページ | ステキな「 おとさん 」 »

2019年7月28日 (日)

Kくんの空間認知力(その1)

Kくんには発達障害があります。

特に表現力・発話力が十分に機能せず、

これまでに諦めたり誤解されたりは頻繁でした。

出会いは彼が小学校3年生の時。

現在中学2年生ですから、5年近くのお付き合いになります。

「国語が心配です。読解力がありません」

お母様は我が子の将来を案じ、

合理的に、しかし良いと思われることには惜しみなく機会を与えて来られました。

大きな決断は、中学受験です。

1.Kくんが一人で通学できること。

1.Kくんの特性をより理解しサポートしてくれること。

1.宗教的信条に沿っていること。

などが学校選びの基本でしたが、志望校の偏差値は55を超える人気校でした。

当然勉強への圧は高くなり、日々親子での取り組みというより、バトルでした。

そして、合格!

誰もが「えーっ」と驚き、讃えました。

その時の彼の誇らしげな表情は忘れることができません。

あれあれ、タイトルに外れて思い出話しになってしまいました。

彼の空間認知力がテーマでしたのに、失敬 😃 失敬 😃。

続きは次回としましょう。

 

 

 

 

 

 

 

« M くんの葛藤 | トップページ | ステキな「 おとさん 」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« M くんの葛藤 | トップページ | ステキな「 おとさん 」 »