« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月28日 (日)

Kくんの空間認知力(その1)

Kくんには発達障害があります。

特に表現力・発話力が十分に機能せず、

これまでに諦めたり誤解されたりは頻繁でした。

出会いは彼が小学校3年生の時。

現在中学2年生ですから、5年近くのお付き合いになります。

「国語が心配です。読解力がありません」

お母様は我が子の将来を案じ、

合理的に、しかし良いと思われることには惜しみなく機会を与えて来られました。

大きな決断は、中学受験です。

1.Kくんが一人で通学できること。

1.Kくんの特性をより理解しサポートしてくれること。

1.宗教的信条に沿っていること。

などが学校選びの基本でしたが、志望校の偏差値は55を超える人気校でした。

当然勉強への圧は高くなり、日々親子での取り組みというより、バトルでした。

そして、合格!

誰もが「えーっ」と驚き、讃えました。

その時の彼の誇らしげな表情は忘れることができません。

あれあれ、タイトルに外れて思い出話しになってしまいました。

彼の空間認知力がテーマでしたのに、失敬 😃 失敬 😃。

続きは次回としましょう。

 

 

 

 

 

 

 

2019年7月 6日 (土)

M くんの葛藤

大学受験生 M くんの、志望校合格への熱願は揺るぎないものです。

しかし肝心の学力が遠く追いつかず、高校の先生からはダメ出しのオンパレード。

ぱっとしない現状への激励でしょうが、そのたびに怒りと自己嫌悪に彼は凹みます。

昨日もそうでした。

全ての授業が終わり、静かな空間。

気落ちした彼を囲み、2人の講師と共に4人でじっくりと対話しました。

外は冷たい雨が降り続いています。

年齢はさして隔たってはいない講師に、

大学入試の不安も辛さも、受け止め共感してもらいながら、いつしか前向きの彼がありました。

塾頼みの、云わば他力本願の姿勢と、勉強の量も圧倒的に不足している甘さを反省する M くん。

何がポイントか、自分の強みを活かしながらも受験教科の勉強のバランスを取ることを勧める1人の熱血講師のアドバイスが的を得ています。

「あきらめるな」「自分でもびっくりする力があるんだよ」といつもはクールなもう1人の講師が明言しました。

1時間近く経ったでしょうか。

「頑張ります」とMくんは面を上げ雨の中を帰って行きました。

2人の先生たち、夜遅くまでありがとう!

そして M くん、本気で向かっていこう! いつでも応援しているよ!

 

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ