« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月29日 (水)

それほどに

「先生、○○が勉強してます!」

「学校の宿題でもない期末テストの勉強(社会)を」

「こんなこと初めてです」

午後8時過ぎ、突然入ってきたお母様からのメールです。

中学3年生、男子。まじめで穏やかな生徒ですが、今ひとつ勉強に対して意欲が見えません。

ちょっと前に流行ったいわゆる「草食系」。

色々なことに受け身で自分から質問や報告は余程のことが無いとしません。

この2年、そうした彼の課題をお母様と共有しながら、

ああでもない、こうしましょうと試行錯誤は数知れず。

その彼が!!!!!

冒頭のメールになったわけです。

「びっくり嬉しいです」と返信しました。

「これで結果に繋がれば」とお母様。

期末テストまであと2週間です。

 

2019年5月28日 (火)

誰もが成長したい

中学2年生の男子が入塾しました。

体験授業から2ヶ月を経ての突然の申し込み。

成績はオール1 に近い状態です。

分数の計算も危うく、英語もアルファベットから手当が必要です。

中2とは言え、大幅な戻り学習を余儀なくします。

塾としては敬遠したいケースではあります。

塾に送り出すについては、お母様もぎりぎりの決断のようでした。

さらに「何としても公立に入れて下さい」と。

彼の成績が振るわないままなのは何が原因なのでしょうか。

実は昨晩、自習に来ました。

さすがに定期試験2週間前とあって重い腰を上げてくれたのです。

「何の教科をやるの?」 「・・・」

「ワークは持ってきた?」 「学校に置いています」

「何を持ってきたの?」 「筆箱です」

「そっか。じゃ、この範囲のプリントを出すよ」

忍耐の鎧を付けて、共に出陣です。

やり始めると集中度が高まり、あっと言う間の1時間半でした。

清々しい顔をして「ありがとうございましたァ」と帰る後ろ姿に

「乗りかかった船だ。見届けよう」とハラを決めたのでした。

 

 

 

2019年5月10日 (金)

初めての関門

6月2日は英語検定日。

その日を目指して5級に挑戦する小学6年の女子Mちゃんがいます。

5級といえば、中学1年生レベルです。

この1年、同学年のお友だちに先きんじて英語と向き合って来たとはいえ、

異文化吸収に戸惑っているのが傍目に分かりました。

英語学習の初めての関門を、何としても通過させてあげたいと思います。

なぜなら、その成功体験は今後の学びの門を大きく開くことになるからです。

案の状、過去問のでき具合は30%くらいでした。

「エッ、どうしよう」「このままでは」・・・。

そこから始まった1:1の特訓。もちろんボランティアです。

「読んでごらん」と単語を指しても声になりません。

背中を押しながら「いいんだよ、どんどん間違ってね。」

「間違うことが力になるよ」

そして、じっくり待ちます。

3週過ぎた昨日のことです。自力で3問連続の正解が出せました。

「素晴らしい!」大きな声で称えました。

彼女の顔も晴ればれです。理解が進み自信が付いてきたのが分かります。

合格を共に喜び合いたいと思います。

それは、彼女の勝利であり私のそれでもあるのですから。

 

 

 

2019年5月 3日 (金)

新時代「令和」

巷では「平成最後の」や「令和初の」などと時代を区切る形容がなされました。

もとより時代や時間に色や形があるわけではなく、

時代相は、人がどう捉えどう生きるかで形作られる気がします。

いよいよ「令和」がスタートしました。

素直な気持ちで、前を向いて歩こうと思います。

 

 

 

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ