« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月30日 (土)

先輩

三駅離れた地域の同業者、T先生を訪ねました。

中学受験で実績を上げ続けている力ある先輩です。

今春オープンした3つ目の新教室で、あれやこれやの雑談会。

日頃の悩みを問うては「やっぱり」「なるほど」と・・・学びと気付きの連続でした。

更には「これぞ」といったテキストを紹介してもらい、大収穫の一日でした。

塾運営は孤独です。

だからこそ、アンテナを高くし、また、他塾との交流・共同が大切です。

「この仕事、大変なことも多いけど、楽しい!」

「ホント、楽しいよね」どちらからともなく言ったことでした。

2017年9月20日 (水)

息子よ!

この夏からアゴラ生となった M くん。

小学3年生の元気な男の子です。

友だちと遊ぶのが大好きで、読み書きは少しばかりおざなりになっていました。

まずは、「ことばの学校」の2Aグレードから進めました。

これが大当たり。

すなわち少し戻って、分かる所からのスタートです。

落ち着かず、帰ることを気にしていた彼が、

今では、50分をしっかり学べる力がつきました。

ワークは、問題文からきちんと読む癖も獲得しました。

「ラクショー(楽勝)」とか口にして集中しています。

今日はお母様に、その様子を撮ったショットを携帯で送りました。

ハートが 2つも付いた返信を頂きました。

2017年9月 8日 (金)

私の場合

「人にとって一番のストレスは何か?」

その問いに一番多かったのが「パートナーの死」だそうです。

以前は、そういうものかなと他人事でした。

当事者となって、そのワケを考えました。

「夫婦となって苦楽を共にする」と言いますが、

おそらく「苦」よりも「楽」を共有できないことがダメージではないかと思い至りました。

人間って ー特に女性は、多分ー 強いもので、

苦しいこと、辛いことは、自分が引き受けるほか方法がないとなると、

案外とハラが座り、前へ進む手立てを考え、行動するように思います。

ところが、嬉しいこと、楽しいことは、

身近な人と共有しないと膨らまない気がするのです。

その時に味わう寂しさや喪失感がストレスの原因となるのではないでしょうか。

夫に先立たれ一年。

あくまでも「私の場合」の一考察です。

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »