« 2016年10月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月20日 (月)

Mちゃんは大学生

Mちゃんが入塾したのは小学6年生。

それから7年間、

ずっとずっと、変わらずアゴラ生として通い続けてくれました。

このたび、憧れてきた志望大学の合格を勝ち取り、いよいよ大学生となります。

おめでとう!よく頑張ったね。

お母様よりお電話を頂きました。

「私は中学しか出ていないので、こんな高みに我が子が・・・」と。

「お礼を申し上げるのはこちらです。」とお応えしながら、様々なことを思い出しました。

淡々として着実に学力を伸ばした彼女、

小学5年生になる従妹のYちゃんが彼女をお手本に、後姿を追っています。

2017年2月12日 (日)

ラストスパート

神奈川県公立高校の入試は2月15日。

カウントダウンもあとわずかを残すのみとなりました。

きょうは、どうしても気になる 受験生の K ちゃんと3時から作戦会議をしました。

思えば、昨年も Y さんと最後のツメをやりました。

結果彼女は、まさに「2死満塁ホームラン」と担任に言わせしめた結果を出しました。

Kちゃんにもきっと、感動のドラマが待っているに違いありません。

複雑な家庭内の荷物を背負う彼女。

励ましの言葉が口を突いて出てきました。

「辛いこともあるかもしれないけれど、若い時の苦労は宝だよ。」そして

「私もそうだったよ。」と。

彼女は静かに笑いました。

そして、口元を引き締めました。

2017年2月 8日 (水)

リニューアル

アゴラを開業して14年目の春を迎えます。

表の看板も陽に焼けて、取り換えの時期を考えてきました。

このたび友人のご主人にお願いして、ロゴもろともイメージを一新します。

さすがプロのデザイナー。

私の頭をどう振っても出てこないアイデアを頂きました。

4月にはお目に留まると思います。

リニューアルしたアゴラをお楽しみに!

2017年2月 5日 (日)

志望校への揺らぎ

神奈川県公立高校受験日まで10日を切りました。

一昨日の新聞で第一次の倍率が公表されたところです。

「うちの子大丈夫かしら?」と不安が押し寄せて

ランクを落とすべきか否か・・・本人ならずとも保護者さまには当然の心情です。

明日から3日間、志願変更の受付があります。

今朝、Uさんのお母様よりお電話を頂きました。

人はきっと、悲観的な考えに共鳴しやすいのだと思います。

本来の思いにフタをして、安全な道を選びがちです。

いや、自分の願望を叶えたいから、誰かに訴えて「大丈夫」の言葉を受け取りたいのかもしれません。

でも神ならぬ身が言えることは

「悔いの残らぬ選択を」「その為に精一杯サポートします」ということ。

私は私の立場で誠実に悔い無き10日間を過ごすつもりです。

2017年2月 3日 (金)

S中合格

朝10時すぎ。

「S中、合格しました!」と、Nちゃんのお母様からメールを頂きました。。

「合格」の二文字が起き上がり、この眼に飛び込んで来るようでした。

嬉しくて、そのまま電話で、お母様と喜びを共有。

アゴラからS中合格者を・・・まさに塾長の念願でした。

もちろん、Nちゃんの努力、ご家族の応援があってのことです。

その一方で、彼の一念がこの快挙を呼び寄せたのかもと私には思えるのです。

「ありがとう」と報告したのでした。

« 2016年10月 | トップページ | 2017年3月 »