« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月29日 (金)

楽観主義

きょうは、自分を褒めちゃいます

私の美徳は、苦境にあっても

「大丈夫!」 「意味のあること」  「最後はマルに決まってる」と思ってしまうことです。

それも自然と、ほとんど反射的にです。

いつの頃からそうなったのか、どのようにして獲得したのか・・・定かではありません。

きっと、良き人との出会いや、人生の師と仰ぐ先生の影響だと思います。

昨晩のこと、スーパーの駐車場から出たらガタゴトと車体が傾きます。

(パンクだ!久しぶりだな。)

ハンドルを握ったまま我が愛車に起きている現実を認めました。

迷わず馴染みの修理工場へ直行(オイオイ)。

あいにくシャッターは閉まっていました。

携帯電話で事情を伝えたところ、

「分かりました」 の二つ返事。

「有難うございます。お世話になります。」で一件落着。

今朝、7時20分に工場へ出向くと、

「釘が思い切り刺さってますね。それにタイヤもイカレています」との診断。

仕事へ向かう私をアゴラまで送っても下さいました。

夏期講習の早朝授業に影響はありません。

夕刻には修理を終えた愛車が戻ります。

ホラネ。何にも困らなかったんです。

何か起きてしまったら、まずは受け止めること。

そして人様のヘルプやサポートを解決の視野に入れること。

もちろん、自身が動くことは大前提・・・これが私の信条です。

今回の出費は交通事故に遭うことを考えたら ナンノソノ です。

2016年7月22日 (金)

’16 夏期講習前夜

夏期講習のお申し込みが出揃いました。

我が子への思いが凝縮された申込書。

その子の2学期の姿をイメージして、ていねいに予定表を作ります。

一人ひとりが、「勝った!」と言える26日間を必ず実感できるよう

アゴラとの二人三脚です。

2016年7月18日 (月)

健康第一!

帯状疱疹に罹ってしまいました。

イヤハヤ・・・です。

元気印の私ですが、このたびはかなりのダメージを受けました。

痛みで夜眠れない苦しさとか、先行きの不安をも味わいました。

幸い医師の処方が功を奏し、現在は快方に向かっています。

発症の引き金は過労やストレスとか。

日頃頑張っている(?!)私をねぎらう天のお声と受け止め、

文字通り、自愛したいと観念しています。

2016年7月 7日 (木)

やればできる!

中学2年生の男子が入塾してくれました。

直近の1学期期末試験は、英語・数学が12点・0点という結果。

通常ならお断りをさせて頂くケースです。

なぜなら、この時期そうした成績であるということは、

本人の余程の自覚と、徹底した教務のエネルギーを注入しないと

現状打開は図れないからです。

また、専門的見地の必要な背景があるかもしれません。

確かに塾内で「否」の意見もありました。

しかし、受け容れました。

その理由は、お母様です。

「少しわかったよ~」と体験授業から笑顔で戻った息子を愛おしく思い

その夜の内にお申し込みを表明されたのです。

学ぶ楽しさ・分かる喜びの一端でも味わわせてあげたいという親心。

我が子にせめて精一杯の応援をしてあげたいという親心。

幸いにも本人は真面目。

よし、アゴラもその思いに、全力でお応えしたいと決断させて頂きました。

もちろん、「ことばの学校」の受講もお勧めしました。

英語、数学も待ったなしですが、国語力アップこそ火急の課題ですから。

「やればできる」を実現したいと思います。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »