« Kくん、一緒に進もう! | トップページ | してあげたいこと、できること »

2016年3月27日 (日)

手を貸して!

20年来の友人が病に襲われました。

ドクターから余命も宣告されました。

現代医学では楽観は許されない事態です。

「普通に暮らしたい」という彼女の意志が優先され、

ご主人以外は誰も知らされていません。

心配を掛けて済まないと思う気持ちがストレスになるから

2人のお子様にも告知したくないとのこと。

自分の人生です。

どう生きようと最大に尊重されるべきです。

しかし時移り、病状が深刻になって知らされるショックそしてダメージを考えると

せめて周囲の方たちに向けては、別の選択がないものかと、立場を違えて悩んでいます。

重い荷物を持つのに「手を貸して」と言ったら、あるいは言われたら

人はどう反応するでしょうか。

自分だったら・・・とずっと考えています。

« Kくん、一緒に進もう! | トップページ | してあげたいこと、できること »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手を貸して!:

« Kくん、一緒に進もう! | トップページ | してあげたいこと、できること »