« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月29日 (土)

’15夏期講習最終日

お陰さまで、事故なく予定通りに夏期講習を終えることができました。

受講者、講師の皆さん、お疲れ様でした。そしてありがとう!

更に講習へ送り出して下さった保護者の皆様に深くお礼申しあげます。

さァ、9月1日から中間テストに備えます!

2015年8月21日 (金)

漢字検定を実施しました

本日、平成27年第2回の漢字検定を午後2時より実施しました。

8級から準2級まで、チャレンジャーは15名。

1~2か月前からコツコツ備えた生徒もいれば、

何となく当日を迎えたメンバーもいます。

ものごとには期限というものが付きものですが

そこまでの過ごし方には意識の差が歴然です。

そして最終的には、受検生全員に現実の結果が出されます。

数学・英語は今ひとつのA君。彼は3級を受検しました。

受検勉強に取り掛かった頃に、試しに過去問を解いてもらいました。

合格圏内にあとわずか。漢字はきらいではないけれどコツコツが苦手な彼。

しかし、得意感はやる気と直結します。

とうとう昨日は、合格間違いなしの得点を弾き出しました!

さらに、漢検初チャレンジのK君。

通常は、筆圧のコントロールがうまくとれず、

「読みにくい字は仕方のないことかも」と妥協していました。

ところが、今日の答案用紙を見てビックリ!

きれいで読みやすい漢字や、読みのひらがなが並んでいるではありませんか。

きっとお母様が、何か意味のあるお声掛けをされて送り出されたのでしょう。

すごい!やればできるんだ!決め付けていた自分を反省しました。

子どもたちの成長、そして可能性。

つい先日、「いのちはひらきたいと訴えているよ!」とのお話を伺ったばかりでした。

いのちの内発性を信じ、良ききっかけとなる自分に成長しようと改めて思いました。

2015年8月 8日 (土)

H 君は小学3年生

「ことばの学校」の受講生、チョッピリ幼さが残るH 君は小学3年生です。

お母様と一緒に体験を受けて「たのしかったァ」との感想。

お兄ちゃんが本科生であることも手伝って、アゴラ生の仲間入りが決定しました。

その2回目の授業でのこと。

読書が終わった後、簡単なお楽しみ問題を解いてもらうのですが。

カタカナ用語の4択問題がありました。

例えば「ジャンプ」なら「とびはねる」が正解です。

では「クリニック」は・・・・?出ました!珍解答。

彼は「はみがき」を選んでいました。

お分かりでしょう。

そう、「クリニカ」から繋がったのですね。

「あれェ、そうだっけェ」と反応するとーー「病院」と選びなおしてくれました。

でも、気持ちはよく分かります。

「・・・だよね。先生も最初はそっちだと思ったよ」

お互いに声を立てて笑っちゃいました。

楽しいこと!

どこかで、子どもは10才になると脳が変わると聞きました。

思春期を迎える前までの年代。

そこが安心の場であれば、単純にストレートにものごとを受け止め反応します。

この9才をひとつのメドにどれだけワクワクドキドキの世界を味わわせることができるかが

おとなの仕事のひとつかもしれません。

2015年8月 3日 (月)

旧き友

学生時代の友、多美ちゃんに会いました。

お互いに何かと忙しい身。ついでを利用して、年に1回ほどの邂逅です。

彼女は2年前まで小学校の先生をしていました。

興に乗ると「エーデルワイス」を歌う気持ちのさっぱりした九州女です。

「この人!」と思い定めた結婚は破綻。

勤務地の川崎では、保護者との関係悪化で辞職を考えたこともあったようです。

定年退職した今は、海外旅行で見聞を広め、地域活動も買って出て

多くの方たちから感謝される日々・・・。

学生時代よりずっと魅力的です。会うたびに若く感じます。

「私、90歳までは頑張って生きるんだ」彼女は言いました。

人間修養として目標を持って取り組んでいることが、あと30年近く掛かるらしいのです。

第一線を退いてなお輝く彼女から元気をもらいました。

やーっ、友だちっていいですねー。

「旧き友を大切に、新しい友を作ろう」です。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »