« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月21日 (火)

Aちゃんの入塾

小学5年生のAちゃんが、本日入塾してくれました。かわいい女の子です。

これからお付き合いが始まります。とても嬉しく思います。

Aちゃんのご両親はまだ若く、教育に掛ける経済的負担の重さは想像に難くありません。

我が子にしっかり教育を受けさせたい、そして幸せな人生を拓いてもらいたいとの思いから覚悟して送り出して下さったと受け止めています。

そうした親御さんを物心両面で応援させて頂きます。

Aちゃんが勉強大好きになりますように、そして大きく伸びますように、心を尽くして預らせて頂きます。

2015年4月17日 (金)

Hさん、もう少しだよ。

中2のHさんが入塾したのは昨年の秋のこと。

車での送迎なしには通塾できない遠隔地の生徒です。

従兄弟のN君が卒塾生。そのきっかけでアゴラを選んでくれました。

なにしろ、彼女の一番の強みは、勉強量です。

来れる日は毎日通い、ひたすら机に向かいコツコツとノートを埋めています。

「えらいね。頑張っているね。」そう声をかけながら気になることがありました。

それは、勉強の質が我流すぎて、積み上がっていかない点です。

例えば、英単語の動詞を暗記するのも、原形ー過去形ー過去分詞形と横に塊を作ると

効率的なのに、縦に進めて負担を大きくしています。

また、言葉の意味を正しく捉えず、分かったつもりで、考える範囲を窮屈にしています。

机間巡視しながら、何度か指摘しました。

「ハイ」と応えてはくれますが、きっとウザかったと思います。

彼女の意欲が薄れないか心配でしたが無用でした。

昨夜、彼女の質問に応じながら、学力が格段に伸びたことを実感しました。

努力はウソをつきません。

30点台から60点、70点そして80点台も夢ではないと思います。

「大丈夫。もう少しだよ。」彼女の肩を叩いたのでした。

2015年4月 8日 (水)

「K君の初日」

少し緊張してK君を迎えました。

彼には発達障がいがあります。

お母様は彼の読解力を心配され、様々に試行錯誤されて、アゴラをお訪ね下さったのでした。

短編を2遍朗読。予想を上回る学力です。

今日より先ずは半年後、そして1年後の成長目指して共に努力したいと思います。

特別支援教育に関心の強いベア先生の力も借りて、私自身の勉強です。

2015年4月 3日 (金)

「桜花」

♪桜花爛漫月おぼろ~

♪花の一夜に散るごとく~

♪私とあなたの青春桜~ 

・・・桜に因んだ歌は枚挙に暇がありません。

今日は知人が県会に出馬するとあって街頭演説の第一声を聞きに行きました。

相模原市役所前に続く桜の並木通り。

そこには頭を刈り込んで出陣に備えた凛々しい姿がありました。

折からの風で起きた桜吹雪は、必死に訴える彼の潔さを引き立てていました。

心から必勝を祈ります。

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »