« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月30日 (金)

U君の成長

中学3年生、まさに受験真っ只中のU君が入塾したのは昨年の7月。

夏期講習からのスタートは彼の学力からして時間不足の感がありました。

例えば数学の計算問題。取り組むのですが全くの自分流で得点できません。

教えるとその場では目を輝かせて納得します。でも場面が変わると元に戻って迷い道に入ります。

なかなか成果の出ない状況に自信を失いかける姿を見るのは、真面目な彼だけに辛いものがありました。

毎日通い放題のコースを取ってもらい、とことん見守りました。

そして1月の模試。解いても解いてもマルにできなかった問題が軒並みできていたのです。

大成長です。よく頑張りました。志望校向けて偏差値も届きました。

受験日まであと16日。

彼の努力が報われる時が近づいています。

2015年1月22日 (木)

はーとコミニテイを開催しました。

今朝は冷たい雨。気温は5度から上がりません。

そうした中、定例の第18回コミニティを開きました。

さすがに出足が悪く、スタート時刻を10分遅らせ午前10時から。

予定どおり、S市の発達障がい支援センター長の Y さんにもご参加いただきワクワクです。

年度末に向かい忙しい時間を割いて来て下さるその真心。

2年3ヶ月前にお会いして出発のご挨拶をして以来、地道に進めてきた私たちの草の根の活動を見守って下さっていたに違いありません。

センター長からは40分ほど、支援センターの紹介と発達障がい児のライフサイクルを通した子育てをお話し頂きました。

その後、二手に分かれ、うち一つはセンター長を囲み10人ほどの車座になりました。お母様たちからナマの当事者ならではの発言や疑問が続きました。

センター長は、それら一つひとつを受け止めながら一緒に考えアドバイスして下さいました。

私は思わずノートに書き留めました。この内容は後日「アゴラの学び」にアップさせて頂きます。

ともあれ今日も、来て下さった皆さんとの触れ合いと多くの学びとがありました。

感謝、感謝です。

2015年1月 8日 (木)

塾総合展に行きました

1年の始まりを告げる塾総合展。

ワクワクで、会場の東京フォーラム(有楽町)へ。

毎年、何やらお祭りに向かうような楽しみがあるのです。

というのも、出展80社の教材会社が「わが社のテキストこそ」と熱心に説明をする言葉の中に

日ごろの諸問題を解決するヒントや出会いがあるからです。

今回も、G 社の J というテキストがどういう生徒を想定し、偏差値 60  レベルに仕上げていくか、よく理解できました。

また、E 社の小学英語テキストは、近い将来、教科化する流れを見据え、とても魅力的に考えられていました。

多くのパンフや見本で,膨らんだスーツケースをコロコロと引きながら、いよいよ今年がスタートしたことを実感したのでした。

2015年1月 4日 (日)

2015年が明けました!

皆様、明けましておめでとうございます!

事の始まりに当たって 「おめでとう」 と言うのは、それに踏み出す勇気を愛でて

先に言うのだと何かの本で読みました。

この1年、きっと、山あり、谷あり・・・予期せぬことにも遭遇することでしょう。

負けないで強く生きようと思います。

そして、目の前の方に学び、励まし合う、人としての温もりを大切に生きようと願います。

皆様、どうぞ今年もよろしくお願い申し上げます。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »